• 栃木県の遺品整理・ハウスクリーニング・伐採等を扱う会社です/(株)ハミングバード

実家の遺品整理は、両親が亡くなってしまった際に自分たちで行わないといけないことの1つです。実家の遺品整理では、遺品整理をした後の実家がどのようになるか?を考える所から始まります。

実家の遺品整理をした後に両親のどちらかが住み続ける場合や、子供の誰かが移住する場合など住みかとして使うのであれば、家にあるすべての家財を遺品整理する必要はないでしょう。

逆に実家を売却したり、解体して更地にする場合には実家の中のすべてを遺品整理する必要が出てきます。

このように実家の遺品整理は遺品整理後の状況によって、どの程度遺品整理を行うのかが変わってくるので、まずはそこを確定させることが大切だといえます。

その上で、実家の遺品整理を成功させるためのコツを3つ、今回はご紹介していきたいと思います。

実家の遺品整理を成功させるコツの1つ目は、まずは遺族に事前に相談をしてから行うことです。遺族間で連携の取れていない実家の遺品整理は「なんで勝手に遺品整理を行うの?」「自分も遺品整理に参加したかった!」などとトラブルに発展してしまう傾向にあります。

特に子供たちは相続人でもありますので、貴重品や思い出の遺品に関しては特に敏感になりやすいでしょう。「自分が一番実家の近くに住んでいるから」という理由で勝手に遺品整理を始めてしまうのは止めておきましょう。

葬儀や四十九日の機会に、「誰が主導して実家の遺品整理を行うか」「実家の遺品整理を行う日はいつにするか」などを決めておくようにしましょう。遺族全員が納得する実家の遺品整理を行うようにするのです。

2つ目の実家の遺品整理のコツは、要るもの・要らないものの仕分けを念入りにすることです。実家の遺品整理の際には、遺品の中から「相続の対象になるもの」「形見分けの対象になるもの」「それ以外の不要なもの」と仕分けをしていく訳ですが、特に「相続になるもの」をしっかりと遺品整理の際には注意して行いましょう。

実家の遺品整理のうち、遺品の仕分け作業は想像している以上に大変です。相続の対象になりうる現金や貴金属類は、タンスの中や本の間に挟まっていたりするケースもありますので、慎重に探していかなければならず、仕分け作業も1点1点行う必要があるからです。

雑に遺品の仕分けを行ってしまって、大切なものを処分してしまったという話も聞きますので、注意してください。

実家の遺品整理を成功させるコツの最後は、遺品整理業者を上手く利用することです。自分たちで実家の遺品整理を行っていく中で、どうしても無理だと思ったら遺品整理業者に頼るようにしましょう。

2つ目のコツの所でもお伝えしましたが、遺品整理のうち遺品の仕分け作業は非常に疲れる作業です。遺品整理は仕分けだけではなく、その後の不要な遺品の処分なども行う必要がありますので、自分たちだけで行うには非常にハードな作業だという事になります。

遺品整理業者に依頼することで、遺品の仕分けから処分、お部屋の掃除までも一通り行ってくれるので、とても楽になります。もちろん費用はかかってしまいますが、体力的にも大変な時には遺品整理業者に依頼してしまいましょう。

遺品整理業者に依頼する際には遺品整理業者選びはしっかりと行うようにしましょう。安心して依頼できる遺品整理業者を全国で提携している「オコマリ」というサービスを活用するのも1つの手ですし、自分自身で遺品整理業者の態度や対応の質、お見積書の中身などを精査して見極めるのも1つの手です。

もちろん、栃木県の遺品整理のことなら弊社にお任せいただければと思いますが、遺品整理業者とのトラブルに巻き込まれないためにも、しっかりと遺品整理業者の見極めは行うようにしましょう。

以上3つが実家の遺品整理を行う際に成功させるためのコツになりますが、いかがでしたでしょうか?どれも実際に行動するにあたっては難しくないものばかりだと思います。

実家の遺品整理の成功のコツを実践していただき、遺品整理業者とも遺族間ともトラブルのないようにしてもらえればと幸いです。